バングラデシュあれこれ

■ BRAC
BRACは、1972年にバングラデシュに設立されたNGO( 非政府組織 )であり、今や世界最大のNGOとして世界的に高い評価を受けています。女性のエンパワーメントを通じた貧困の撲滅を目指し、マイクロファイナンスから教育や保健衛生、農業開発や人権保護など幅広い分野で活動を展開しており、カバーする地域もバングラデシュのみならず、アジアやアフリカの様々な国と地域に対して、その活動範囲を広げています。 BRACの規模や活動範囲の、詳細はこちらへ >>
■ マイクロファイナンス
マイクロファイナンスは、2007年にグラミン銀行とその創始者のムハマッド・ユヌス博士がノーベル平和賞を受賞したことで、一躍有名になりました。バングラデシュの貧困に苦しむ女性を対象に、少額の融資を行い、女性の自立と経済支援を目指した画期的なサービスであり、今や世界に1200以上のマイクロファイナンス機関があり、借入人の数は2億人近くになっていると言われています。 当初、女性への融資がメインだったため、マイクロクレジットという名称で呼ばれていましたが、現在は預金や為替、保険といった商品も扱い、マイクロファイナンスと呼ばれることが多くなっています。
■ ノンフォーマル・スクール
ノンフォーマル・スクールは、主にNGOが運営する非正規の小学校です。バングラデシュでは、貧しくて教育費が払えないなどの様々な理由で、小学生の40%以上の子供たちが卒業を待たずにドロップアウトしていると言われています。このような子供達に、再チャレンジの道を開き、基本的な教育を受けさせることを目的に多くのNGOが独自にノンフォーマル・スクールを運営しています。 BRACのノンフォーマル・スクール(小学部)は、全国に約2万4千校以上あり、加えて1万3千校以上の幼稚教室を運営しています。スクールと言っても、いわゆる小学校のような校舎はなく、地域の有志で作った小屋に30名程度の子供たちが学び、1スクール、1教室、1クラスで、教師1名という寺子屋のような形式を取り、学年分けもなく同じクラスで、小学校1年から5年までのカリキュラムを4年間で終了するシステムになっています。現在100万人以上の生徒がBRACの学校に通って学んでいます。
■ 保健衛生プログラム
BRACの保健衛生プログラムの歴史は長く、現在、全国62の州全てをカバーし、8万人のボランティア・ヘルスワーカーと30の診療施設を中心に、農村の女性達に対して、保健衛生の啓蒙普及、家族計画の教育、妊産婦や子供の診察・診療などに当たっています。また、マラリアや結核予防のプログラムも展開し、農村の安心で、健康な生活の維持に貢献しています。
ボランティア・ヘルスワーカーは、農村の女性達に保健衛生に関する啓蒙普及活動を行うと共に、生理用品や避妊用品などを販売し、そのマージンでもって収入を得られるように設計されています。
■ BRACのソーシャル・エンタープライズ(社会企業)
BRACは、NGOでありながら、傘下に多くの営利を目的にした民間企業を擁し、これら企業からの利益を株主として受け取り、BRACの活動資金に充てています。傘下に商業銀行(BRAC銀行)や百貨店(Aarong)、種苗会社から乳製品、鶏肉加工など幅広い業種を揃え、しかも、それぞれの企業がバングラデシュ国内で一、二を争う規模と内容になっており、さながら一大コングロマリットの様相も呈しています。
BRACは、これらの企業を単に利益を生むための目的だけでなく、それ自体が農村の女性達を支援する全体的なシステムの中で総合的に組み込まれるようにデザインされています。例えば、マイクロファイナンスを受けた女性が養鶏事業を始めるために、良質の雛を育てる会社、餌を提供する会社、肉を加工する会社、冷蔵で保存する会社などを用意し、最終的に消費者が購入して資金が循環する仕組みを作り上げています(BRACの鶏肉は、バングラデシュのケンタッキー・フライドチキンも仕入れています。)
■ テレビ番組  テリー伊藤の世界のタビセツ
- 「バングラデシュその1」  その1の1: 7分頃:空港の様子  その1の2: ホテル探し。 
- 「バングラデシュその2」  その2の1: ダッカ旧市街1 その2の2 : ダッカ旧市街2
- 「バングラデシュその3」  その3の1: お家訪問 その3の2: スラムと駅と鉄道
- 「バングラデシュその4」  その4の1: ガジプール その4の2: バングラでの日本人
■ テレビ番組   NHKスペシャル  沸騰都市 第3回「ダッカ “奇跡”を呼ぶ融資」
バングラデシュの成長ぶりが見られます。視聴料が掛かりますが、目からうろこ、余りのすごさに、番組の内容に引き込まれます。視聴料を払っても見ることを お勧めするの番組です。観光とは違う、経済の動きが見れます。
- NHKオンデマンド


Copyright (C) 2012 Kei Corporation. All Rights Reserved.